ホームへ HAGIMORI INDUSTRIES,LTD.
ホームへ 会社概要 営業案内 関連リンク 求人情報 お問い合わせ
■営業案内
  生コンクリート
コンクリートパイル
  セルフレベリング材
  スカイテック
  コンクリート補修


■登録販売店
  販売店のご案内


■グループ会社
  萩森物流

コンクリートパイル 昭和44年より、これまでの生コン部門に加え、コンクリートパイル杭の製造・販売を開始し(製造は2001年12月よりOEM生産)、山口・広島・島根を販売エリアとして、宇部USパイルの名称で西中国地方に広く供給しています。

 また、杭工事の工法に関しても、建設大臣認定工法(F.I.工法)を保有し、責任施工への万全の体制と技術力を備えています。

 今後も良い品質の製品を供給し、ユーザーのニーズにすばやく対応できるよう研究・開発を進め、コンクリートの基礎杭を通じて地域の発展に尽くすことが当社の願いです。



■製品品目
・宇部USパイル-PHC
 >>規格表(PDF)
 >>構造図・寸法表(PDF)
・宇部USパイル-ST
 >>規格表(PDF)
 >>構造図・寸法表(PDF)
■工事の工法
■工法名
  ・F.I.工法(セメントミルク拡大根固め工法)
  1995年1月13日付
  (外形300〜800mm)
日本建築センター評定番号
BCJ-F544(追2)
  1997年10月22日付
  (外形700・800mm)
日本建築センター評定番号
BCJ-F678(追1)
  1997年11月27日付
  (外形300〜800mm)
建設大臣認定番号
建設省山住指発第40号
・ST-F.I.工法(ST杭-セメントミルク拡大根固め工法)
  1996年3月29日付
  (名称3035〜5060)
日本建築センター評定番号
BCJ-F545(追2)
  1998年4月21日付
  (名称6070・7080)
日本建築センター評定番号
BCJ-F968
  1998年6月4日付
  (名称3035〜7080)
建設大臣認定番号
建設省山住指発第8号
■概要
  F.I.工法は基礎杭施工に伴う騒音、振動、さらに排土、汚水等建設公害に対処し、かつ施工が容易で施工効率がよく、支持力の大きい既製杭の埋込工法です。
■特徴
  ・支持力が大きく、安全確実
・周面摩擦力が大きい
・低騒音、低振動
・施工効率がよく、経済的
・施工範囲が広い
■過去の主な施工実績
  ・恩田運動公園野球場(山口県宇部市)
・山口大学医学部共同研究棟(  〃  )
・下関漁港地方卸売市場本館南棟(山口県下関市)
・下関市営陸上競技場改築(  〃  )
・山口県立萩美術館及び浦上記念館(山口県萩市)
パイル施工風景


このページのトップに戻る


Copyright© HAGIMORI INDUSTRIES,LTD. All Right Reserved